体調調節を行ないやすくなる|意識して行なう体温を上げる方法

男の人

アロマで体を温める

アロマを使って温活を行なう人が増えていますが、アロマはハーブを利用したものが多く、そのハーブによってはアレルギーを引き起こす場合もあるため使用する際は気をつけなければなりません。上手に使うことができれば、体を温めるのに十分に役に立ちます。

イチオシサイト

眠りを快適にするために

高反発マットレスは、いろいろな種類があるので、きちんと調べたうえで、信頼できるものを買うようにしましょう。また、腰痛持ちの人や長くひとつのものを使い続けたい人、お手入れに時間をかけたくないという人にもオススメの寝具です。

体温の調節は大切である

マグカップを持つ女性

体温とはその名の通りに体の温度の事で、健康な人であれば36度程度を維持しているのが一般的となっています。しかし最近では病気等の特定の理由がないにも関わらず、体温が36度に届いていないという人も増えてきています。健康に問題がない状態で通常の体温が35度以下の場合、低体温症と診断されて改善が必要となる事も多いです。体温が低いとどんな影響が出るのかについては、まず一つ目として基礎代謝の低下を招いてしまいます。基礎代謝とは人間が生きていく上で最低限必要な活動の事で、心臓等を動かしたりして命を維持する働きの事を言います。この基礎代謝が充分に行われるためには血液が必要なので、低体温で血行不良になると基礎代謝も低下してしまうのです。低体温による影響の二つ目としては免疫力の低下があり、これが発生すると病気にかかりやすくなる等の悪影響が起こります。そのため低体温に心当たりがある場合には、早めに体温を上げる方法を実践する事が望ましいと言えます。

体温を上げる方法に関しては複数挙げる事が出来ますが、一つ目として全身の筋肉を増やすというのが効果的です。筋肉は体を動かす時に必要となる以外にも、全身に血液を送るポンプという役割も担っています。そのため全身の筋肉量が増えると体全体の血行が良くなって、自然と体温も上がってくる事に繋がるのです。筋肉を増やすと聞くと辛いトレーニングを重ねる印象がありますが、あまりにも大変だと続けるのが困難になります。そのため無理のない範囲で軽い筋トレやストレッチを日常に取り入れて、少しずつ筋肉への負荷を増やしていくのが理想的です。二つ目の体温を上げる方法については毎日の食事に、体を温める作用を持つ食材を取り入れるという方法があります。体を温める食材の具体的な例としては、人参やゴボウ等に代表される根菜類や生姜等を挙げる事が出来ます。ちなみにトマトやバナナ等は体を冷やしてしまうので、体温を上げる方法を実践する上では控えたほうが賢明です。

寝返りが大切

腰痛対策には、寝ている間の姿勢が重要で、適度な寝返りが必要になります。しかし、筋力の弱い女性や年配の方ほど寝返りが難しくなるため、高反発マットレスのモットンで寝返りをサポートし、腰痛対策を行いましょう。